<五感磨き遠足>みかん狩りに行ってきました

2022年11月28日

《晴れ渡る空の下、みどり園へ出発》

雨模様だった昨日のお天気とは打って変わり、晴れ渡った青空の中みかん狩り遠足に行ってきました。

大型バスに乗り、みんなで遠出するのは斑尾キャンプぶり。大きなバスを目にした子どもたちは、次々に「このバス大きい〜!」「これでみかん狩り行くの〜?!」とニコニコ笑顔で大興奮です。

高速をしばらく走ると、遠くに雪化粧をした富士山が見えてきました。すぐ建物に隠れてしまうので、みえる瞬間を逃すまいと窓の外をじっくりと見ています。
車内では、隣の席のお友だちとおしゃべりを楽しんだり、スリーヒントクイズやしりとり等オリジナルルールを決め、自分たちなりの遊びを楽しみました。

最初は遠くに見えていた富士山がどんどん近く、大きく見えてくると、あっという間にみどり園に到着です。

《どんどん収穫!待ちに待ったみかん狩り》

田園調布駅から乗ったバスもみかん園に到着し、いよいよみかん狩りの開始!まずはハサミの使い方、みかんの収穫の仕方を教えてもらいました。そして今年は学年の近い友達同士で2人組を作ってみかん狩りを行いました。みかん狩り開始の合図と同時に広いビニールハウス内を縦横無尽に走り回ります。目にも止まらぬ速さでみかんを収穫し、持ち帰る用にもらったビニール袋はすぐにパンパンになりました。パンパンになるとその都度持ってきたエコバッグに移し替えました。収穫したみかんをその場ですぐ食べる、ということもしました。 それを通じて、大きいみかんはすっぱいことが多く、小さいみかんや高いところにあるは美味しいみかんだということを身をもって感じることができました。中には持ち帰ることよりも食べることに夢中になる子もいました。終わる頃にはみんなが持ってきたエコバッグは溢れんばかりのみかんでいっぱいでした。食べながらも学び、学びながらも楽しむ、最高のみかん狩りでした。

そして最後にみかん狩りを行ったビニールハウスの中の様子を絵に書きました。みんなで沢山のみかんを収穫した後に絵を書いたせいか、みんなが書いたみかんの木にはあまりみかんがなっていませんでした。実際に目で見ても明らかにみかん狩りを行う前より、行った後の方がみかんが少なくなっていました。それだけ沢山のみかんを収穫できて本当に大満足のみかん狩りでした。

《イノシシ探しに出発!》

みかん狩りを終えたらお昼ご飯です。たくさんみかん狩りをしたおかげなのかみんなあっという間にお昼ご飯を食べ終わりました。
お昼ご飯を食べ終えたら、イノシシを探しに行こう!とさっそく探検に出かけます。イノシシを見つけたらどうしよっか?イノシシにみかんをあげて友達になりたいな!とイノシシに会いたい気持ちがふくらみます。柵を乗り越えどんどん森の奥の方まで行きます。蜘蛛の巣を避けながらイノシシを探します。イノシシどこに居るかな?とあたりを見渡しますが、イノシシの姿は見当たりません。一旦戻ってきて!という声が聞こえたので一旦探検は中断です。

《綺麗な富士山をお絵描き!》

探検から一度戻ってきたら今度はお散歩に行きます。お散歩してると、とっても綺麗な富士山を見つけました。さっそくお絵描きです。今日は雲一つない快晴だったため、富士山もくっきりと見えました。年長さんは、日々たくさんお絵描きをしているおかげなのか、すぐにダイナミックな富士山の絵を描き始めます。そんな年長さんの姿を見習って他の子達も富士山を描いていきます。富士山だけでなく、周りの木の様子も描いてあっという間に素敵な富士山の絵を描き終わりました。

《探検隊!出発!!》

お散歩から帰って来ると、もう一度探検に出かけます。今度は隊長を決めて探検隊として探検に出かけます。僕隊長やりたい!隊長はすぐに決まりました。隊長を決めるとまずは隊長を中心にどこに行くかを決めます。話し合いの結果先程行ったところとは違うところに行くことにしました。行き先を決めたら、すぐに探検に出かけます。隊長を先頭にその後に副隊長、副副隊長と続いていきます。イノシシは居ないかな?とあたりを見渡しながらどんどん森の奥の方まで行きます。途中で探検隊の名前も決めました。探検隊の名前は、みかん隊です。名前の通りみかんを食べながらあたりを捜索します。途中の急な坂は、みんなで助け合いながら下りていきます。分岐点では、右に行くか左に行くか隊長を中心に話し合って決めます。引き続きイノシシを探します。一生懸命探しましたが、見つからずおやつの時間となりました。イノシシは見つかりませんでしたが、探検隊として隊長を決め、その隊長を中心に助け合いながら探検をしたことはとても良い経験となりました。
おやつを食べ、みかん園の方にご挨拶をして出発です。

《一体感の生まれた帰り道》

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
甘くて美味しい栄養たっぷりのみかんを育ててくださり、今日一日お世話になったみどり園の方に、感謝の気持ちをお伝えした後はバスに向かいます。「家族のみんなにも食べてもらいたい」とたくさん狩ったみかんが荷台に積まれ、満足げな表情でバスに乗り込みます。

帰りのバスでは、探検中に築き上げたチームで「リーダー」「副リーダー」と呼び合った名前で友だちのことを呼び合っていました。探検中に「リーダー」と呼ばれ、みんなを率いていたお友だちはバスの中でもみんなを盛り上げます。みかん狩りや探検を共にした数時間の間で、行きのバスにはなかった一体感が生まれ、みんなで最後まで楽しみながらの帰路となりました。
少し早めに到着したのでお得時間。紅葉がとっても綺麗な宝来公園で、はないちもんめや鬼ごっこを楽しみました。

みかんを狩り、絵を描き、最後の最後まで遊び尽くした子どもたち。太陽のお恵みをたっぷりと浴びた美味しいみかんをたくさんいただき、今年の冬も寒さや病気に負けずに乗り切りましょう。

《アルバム》

2022.11.27の写真はこちらです。お子様との会話が弾むきっかけになれば嬉しいです。
アルバムはこちらから⇒K&R みかん狩り遠足 20221127
閲覧期限:12月4日

磯邊季里 @ 2022年11月28日 05:38 コメント: (2)

2件のコメント

今の子どもたちにとても必要なことを体験させてあげたり、素晴らしい活動を続けていらっしゃるのですね!学校の林間でもなかなか体験させてあげられないような内容でいいなあ~と思いました。

松田信子 2022年12月08日 22:50

コメントありがとうございます!ご共感いただきとても嬉しいです!

磯邊季里 2022年12月12日 10:36





▲TOPへ戻る