<五感磨き>スキーキャンプ最終日

2022年3月28日

《真っ白の朝》
空は雲に覆われていましたが、子どもたちは朝早くからロッジで元気に遊び、ラジオ体操をして目を覚まします。
今日のスキーは午前中だけなので、限られた時間の中でもたくさん滑れるように、朝ごはんをいつもより手早く食べます。
食堂の窓から見えるゲレンデは真っ白で、少し先の視界も霧で遮られてしまう景色に子どもたちは驚いていました。

《4日間の集大成》
昨日は全リフトがストップしてしまうほど雨風がひどかったので、今日が検定の日です。
風が心配でしたが、滑ることができました。
検定に向けて足慣らしをしたら、いよいよ検定が始まりました。

最初は小学生のグループの検定です。八の字でターンをします。コーチからは手を広げてターンをすることを意識して滑るようアドバイスされました。検定が始まると1人ずつ滑っていきます。滑っていない子はがんばれ〜と滑っている子を応援していました。みんなコーチからのアドバイスを意識しながら滑りました。みんなが滑り終わると校長先生からのお言葉です。お褒めの言葉をいただきつつも今後に向けての課題として大きくターンをすることを意識するようアドバイスをいただきました。

次は年長さん、年中さんグループの検定です。八の字で真っ直ぐ滑ってコーチの手前で止まります。校長先生からは、手を大きく広げて滑ること、コーチの手前でしっかりと止まることを意識するようアドバイスをいただきました。このグループでも、1人が滑っているときはみんなで応援します。最初は全く滑れず、止まることも出来なかった子も上手に滑って止まることが出来ました。校長先生からもお褒めの言葉をいただきました。

 検定が終わると自由に滑る時間です。このキャンプの集大成となる最後の滑りです。検定で校長先生から頂いたアドバイスを意識しながら滑りました。スキーの着脱も滑るのも全く出来なかった子も今では一人で何事もできます。何事も人に頼るのではなく自分の力でやることが上達が早くなるコツだとわかりました。

1番下のクラスの子たちも、リフトに乗っている間にも「はやくすべりたい」と楽しんでいる様子でした。
初日にスキーを履くことから始めた子たちも、リフトに乗ってお山からすいすい一人で滑り、一人で止まることができるまで上達していました。ただ真っ直ぐ滑るだけではなく、前に滑る人についていきながら自然にターンもできていました。
体の大きさに捉われない立派な滑りを見せてくれました。

気温が高く大雨で重たかった昨日の雪と比べると、今日はとても滑りやすい雪だったので、子どもたちにとっても心地よいスキーだったと思います。濃霧で数メートル先も見えなくなってしまうゲレンデは、滑っていて緊張感があると同時に、雲の中にいるような幻想的な世界でもあったようです。

《ありがとう!また来年!》
ロッジに戻ると、みんなで食べる最後のお昼ごはんです。
みんな笑顔で、たくさんおかわりをしていました。
お昼ごはんを終えたら、ロッジの方々にお礼をしました。
キャンプの自由時間を使い、子どもたちみんなで作ったプレゼントを、たくさんのありがとうを込めて渡しました。

帰りも、車内でおともだちと存分に楽しみます。なかには電車や新幹線が好きな子もいるので、
4日間全力で動き、くたくたの身体でも元気いっぱいの子どもたちです。

コロナ禍で多くのことが制限されるなか、おともだちと過ごし、のびのびと体を動かし、自然に触れながらスキーを楽しむことができた4日間は子どもたちにとって心躍るイベントだったと思います。
楽しそうにはしゃぐ子どもたちを見ていると、ただ目の前にある「必要」ばかりをこなすだけでは得られない大切なことがたくさんあると気付かされます。

《アルバム》
2022.3.27の写真はこちらです。お子様との会話が弾むきっかけになれば嬉しいです。
アルバムはこちらから⇒K&R ski camp 20220327
閲覧期限:4月4日

磯邊季里 @ 2022年03月28日 10:30 コメント: (0)

0件のコメント





▲TOPへ戻る